様々な事を綴ってゆきます。
はさみます。
 

恒例の「木下、初夏のパンまつり」開催致します。(詳細はこちら
(4日前に詳細を告知…遅くなってすみません)


毎回、オーナーの木下さんが作った具材を
私達が焼いたパンではさむサンドイッチを販売しています。
(今回は蒸鶏のわさびマヨサンド)


今回は具材を作ってくれる方がもう一人。

函館近郊/乙部町在住のフードスタイリスト近藤緑さん。


彼女が食事の写真をTwitterやFacebookへ
あげる度、たまらない気持ちになっていたもので
半ば強引に、お願いしたのでした。


先日冷蔵便で届いた試作はミートローフ!(上の画像)
美味しいソースも2種。
当日をどうぞお楽しみに。




↓自己紹介↓

近藤 緑(こんどうみどり)

美術大学卒業の後、出版社の編集アシスタントを経て
フリーのフードスタイリストとして独立。
雑誌や広告のお仕事に携わらせていただく他に
飲食店のいろんな事にやいのやいの言ったりする
お手伝いなど、ごはんに纏わる様々な仕事を経験。
2年半前に、えいやぁっと思い立って故郷の乙部町に
生活の拠点を移し、現在は毎日のご飯に頭を悩ませながら
時々フードスタイリスト、とゆう日々を送る34歳(独身)です。

Twitter [ @miee_dolly ]



サンドの具材について

鶏もも肉に豚レバーを合わせて挽いた挽肉に
しっかり飴色に炒めた玉葱と赤ワインに漬け込んだプルーンも加えた
深い味わいのあるミートローフです。
食感と香りのアクセントにピスタチオとピンクペッパーも混ぜ込みました。
何だか『当たり』感のあるうずら卵もポイントです。
ソースはミートローフから出た肉汁に、はちみつ・バルサミコ酢・醤油を加えて煮詰めたのと
旬の新ごぼうの、味わいと香りあふれるクリームソースのWソースです。


 
<< NEW | TOP | OLD>>